島忠家具&ホームセンターTop >  ホームセンター >  関東 島忠

ゴールデンバリューニューフィットエグゼクティブ

関東 島忠

関東島忠で見かけたのはシモンズベッドでした。シーリーベッドでもなく、通販のマットレスにフレックスでもなかった。マニフレックスのマットレスを包んでいるビニールをはさみで開封するとわずか15分で、工場で生産されたままの姿になるのだから、見ているとちょっとびっくりするよ。マニフレックスのベッドマットレスっていいですね。イケアと島忠ホームズの違いと「差」。イケアはディスカウントのコンストラクション家具で、しかもパッケージもコストダウンで、むき出しのコンディションの商品がおおくて、しかも持ち帰り。そうだイケヤIKEAはこのスタイルでワールドのIKEYAになった。シモンズベッドのダブルクッションマットレスは弾力性があること。ポケットコイルマットレスとボックススプリングの相乗効果で、体重の軽い方、重い方、どんな体型の方でも快適な寝心地を味わえる。島忠家具とニトリとイケアの違いはパッケージもコストダウンで、むき出しのイケア。それとニトリ、島忠ホームズを比べることがことが、そもそも間違っていると気がした。イケヤIKEAで、方針が若い層から支持をえているのだから。「最高の快眠」を目標に研究とテクノロジーの開発には力を注いでいるシーリー社のベッドマットレスはすごいという。ではいったい何がそんなにすごいのだろうか。シーリーの「研究開発センター」はベッドマットレスの商品開発やデザイン、素材開発、検査、品質保証等を徹底的に行い、その技術開発力や設備はスリープシステム全てに関連する研究と検査に使用されている。島忠は家具とホームセンターという購買頻度の高い集客に家具売場を併設。集客のあるホームセンターから家具売場へ流れる仕組みをつくる。ポイントは 首都圏への集中展開し東京都から半径50km内に新規出店。流通や広告コストの大幅削減。ポケットコイルマットレスの特徴としては体を点で支えるため、寝ている体にフィットし、快適です。 ボンネルコイルマットレスの特徴は体を面で支える。適度に硬いため、ちょっと畳に布団みたいな寝心地かな?といえば、わかってもらえるだろうか? 島忠家具カタログのもくじは?表紙/店舗一覧?ソファ・リビングボード?ダイニングセット・食器棚?ベッド?収納/書斎?カーペット/小物家具。画面左右の矢印をクリックすると、スクロールができますし、ページをめくるのも、クイックするだけ。ポケットコイルのベッドマットレスはコイルが独立しているので、マッレスにかかる体重を分散させるのが特徴。 理想的な体のラインを保ち、睡眠中の体圧の負担を軽減してくれる。 また、ポケットコイルベッドマットレスの硬さは大きく分けてソフト、レギュラー、ハードとある。シモンズベッドなら島忠家具。特に島忠ホームズが大型店舗なので、できればホームズに行くと豊富なシモンズベッドに驚きます。(東京葛西、横須賀、横浜新山下、千葉蘇我に店舗があります)シモンズベッドは、アメリカ国内外の最先端の睡眠科学を導入し、快適な睡眠のために、日々研究をしているので、一流ホテルで採用されるいるんだね。シモンズベッドとアウトレットの関係も気になるところだ。島忠はパイプの二段ベッドや、白い二段ベッドのホワイトタイプも売り場でなら展示しています。*白い二段ベッドホワイトタイプは、学習机シーズンのみの場合もありますから、売り場にない時はベッドの販売スタッフへ確認してみてください。マニフレックスのマットレスは、背骨が自然な状態なので、寝返りを打つこともなく熟睡できるのだ。ぜひマニフレックスのマットレスを試して欲しい。マニフレックスのマットレスで快眠をどうぞ。島忠はシモンズベッドだがアメリカへ旅行された経験がある方なら分かるだろうが、欧米のベッドマットはふわふわしてやわらかめが多い。日本人はもともと敷き布団に寝ていたので、ベッドマットレスも硬めな感じが好みかもしれないがシモンズもやらかい。しかし、これがまた気持ち寝心地なのだ。

関連エントリー

島忠家具&ホームセンターTop >  ホームセンター >  関東 島忠

Edit

Google