島忠家具&ホームセンターTop >  ホームズ葛西 >  島忠なら

ゴールデンバリューニューフィットエグゼクティブ

島忠なら

島忠なら購入できると思っていたが、、、。島忠じゃないらしいマニフレックスのマットレスについて。マニフレックスのマットレスは、まるで呼吸をしているように空気を吸い、そして外に放出する。つまり、マニフレックスのマットレスは、温度に関係なく蒸れることがないといえる。マットレスの値段は、形や種類によっていろいろだが、だいたい3万円から15万円くらいだ。島忠とシモンズベッドは取引関係が良好なようで、かなりの展示数があるのが特徴だ。IKEAイケアやニトリとは違った、ホームファッションの提案をしている。無印良品やナフコとも異なるスタイルとなった。ボーリングのピンを乗せた「ビューティレスト」の上にボールを落としたが、ピンは1本も倒れなかったそうだ。つまりこれはボールの下のコイルだけがその重さに反応し、他の部分に振動が全然伝わってないことを示す実験といえる。島忠家具ホームズ葛西は価格的にはミドルからはじまってアッパークラスの高級家具まであるので、かなり幅がひろい。コーディネートしやすいようにスタイル別にディスプレイされており、とてもも安い状態なので気軽にリラックスしてショッピングが楽しめるように配置されている。「ポスチャーペディック」の名で親しまれるシーリー社の最高級マットレスは、世界30ヵ国以上に広がるインターナショナルグループを通じ、全世界の人々に愛用されている。その結果数々の特許を取得し、常に成長しつづけている。島忠家具は昭和53年にはホームセンター業界に参入。家具だけでなく生活用品で地域のお客様へ生活提案を行う。島忠家具グループの大きな柱せある島忠ホームズ(HOMES)。家具のスタイルの多様化や新しい柱として2002年9月に設立。ポケットコイルマットレスの特徴としては体を点で支えるため、寝ている体にフィットし、快適です。 ボンネルコイルマットレスの特徴は体を面で支える。適度に硬いため、ちょっと畳に布団みたいな寝心地かな?といえば、わかってもらえるだろうか? 島忠家具カタログのPDF版は商品説明で、ベッドの種類や、マットレスの機能の違いなど、取扱について詳細に書かれている。家具の知識をつたいならオススメのレポートです。ベッドマットレスは例えば3ヶ月ごとなど、向きをかえて、マットレスのへたり具合を均等にすることで、ベッドマットレスを長持ちさせることができるのだ。たいていのマットレスは左右対称で、裏表も同じなので頭と足部分を回転させたり、裏表をひっくり返して使うとよい。島忠家具ならシモンズベッドのマットレスが良い。島忠はシモンズベッドに関してならニトリより上。さすが島忠は福岡のナフコと家具業界の首位を争ってきた大手だ。シモンズベッドと取引関係が強く、島忠オリジナルのシモンズベッドもあるらしい。シモンズのポケットコイルマットレスは、各ショールームや島忠家具にて展示されているらしいので、実際に寝心地を確かめたい方は行ってみておいでよ。そしてシモンズベッドを採用している主要ホテルは、ウェスティンホテル東京、グランドハイアット東京、京王プラザホテル、コンラッド東京などだ。シモンズベッドが好きな方は、島忠家具センターは一度行ってみることよいです。島忠オリジナルのシモンズベッドがあったりします。昔からの取引関係がありシモンズと共同開発したようです。これは、密度が大変高い弾性素材で、弾力性と復元性に富み、マットレスとして長い間使用しても型崩れしないのだ。マニフレックスのマットレスの弾力性と復元性は世界特許を取得しているので、他の会社にはまねの出来ない技術を持っているのだ。島忠とシモンズベッド長年の取引があるからだろう。今でこそ日経流通の業界分類で「ホームセンター」になっているが、数年前は家具業界のナンバー1の売上だった。最近はニトリ、イケア(イケヤ)の台頭が著しく、巻き返しを図っているが、シモンズベッドに関しては、まだまだ優位性がある。

関連エントリー

島忠家具&ホームセンターTop >  ホームズ葛西 >  島忠なら

Edit

Google