島忠家具&ホームセンターTop >  関西しまちゅう >  島忠家具とシモンズベッド

ゴールデンバリューニューフィットエグゼクティブ

島忠家具とシモンズベッド

島忠家具とシモンズベッドは有名ですね。ではシモンズベッドのマットレスについて。シモンズベッドをご存知かな?高級ホテルのスウィートやエグエクティブルームにもつかわれているベッドなんだ。マットレスは、スプリングはポケットコイルを使用しており、連結コイルを使用しているシーリーベッド、フランスベッドとはまたひと味違う寝心地らしい。島忠の二段ベッドはパイン材、タモ材などの天然木を使用しており、材質はしんぱいりません。だた材料がMDFをメインとする二段ベッドの場合は、アレルギー反応をお持ちのお子様がいる場合は重要。白い、または赤いベッドで塗料がふんだんに使用されていると思ったら、必ずこの点をチェックしてください。マニフレックスのマットレは快適な睡眠の大事な条件といえるだろう。普通、マットレスは使っているうちにこうした弾力性や復元性が弱くなっていく。しかし、マニフレックスにはこうした弾力性と復元性に対して、10年間の保障を付けているのだ。人は、立っている時、背骨が自然な状態にカーブしてバランスが取れているのだが、寝ている時にこのバランスが崩れて、何度も寝返りを打つことになる。島忠家具センター葛西店は従来の家具とホームセンターの形態で、ガーデニング、日用品、キッチン用品、建設工具も販売。1Fの売場入口付近には季節のガーデニング用のきれいな花が展示されています。マニフレックスは、イタリアのフィレンツェのマットレスの会社。マニフレックスは、アルベルト=テラーニという研究者によって開発されたまさに自然が生んだ産物だ。マニフレックスの製品は、すべてイタリアの工場で生産され、ヨーロッパ、アメリカ、日本に輸入されている。島忠家具センターのCMを思えている人は、何人いるだろうか?むかしのテレビCMなのだが、いまは家具センターとはいわない。島忠は家具の価格帯を高めに設定して、世界のブランドのソファー、ベッド、マットレスの取り扱いをしているので、昔の家具センターの面影はいまはもうないのだ。このポケットコイルマットレス「ビューティレスト」は、スプリングをひとつずつ不織布で包んで、並べたものだ。 各々のコイルが独立していて、点で体を支え、その結果、体圧は分散され、振動が響いたり、まわりに伝わることがない。島忠家具とニトリとイケアの違いはパッケージもコストダウンで、むき出しのイケア。それとニトリ、島忠ホームズを比べることがことが、そもそも間違っていると気がした。イケヤIKEAで、方針が若い層から支持をえているのだから。シーリーベッドの研究開発は人の身体の構造を考える事からはじめ、整形外科医であるスタッフがマットレスづくりに貢献している。そしてデータマン・ロボット。これはベッドマットレスの寝心地や支持性等を測定する開発試験測定ロボットだ。季節が変わるごとに、島忠家具は新しい生活をシーンを家具売り場フロア全体で素敵提案。・ダイニングルーム・リビングルーム・キッチン台所・寝室・子ども部屋などすべてのインテリア家具が見つかります。ポケットコイルはどうしてもお尻や肩など重たい部分が沈んでいる。逆に足や腰の軽い部分はそれ程沈まない。つまりポケットコイルは体に無理ない自然な体勢で快適に寝られそうじゃないか?インテリア関連のショップのディスプレイなら納得。なんかこの家具おくだけでイメージが変わる。日本の日常生活から吹っ飛ぶ感じがする。そんな強烈なバロック家具。もちろんニトリ、イケア、無印には売ってません。高級家具専門のIDC大塚家具や島忠へ行くしかない。ベッドマットレスのへたりはそのまま同じように使い続けるとマットレスの寿命も短くなるし、寝姿勢にも悪影響を及ぼしてしまう。だから、へたりを軽減させるためには、マットレスの上下裏表を均等に使うことが大切だ。家具の二段ベッドを選ぶならチェックポイントはアレルギーに敏感な子供さんの場合はエコ塗装が必要。二段ベッドに使用されている塗料が「低ホルマリン」であること。*通常はアレルギーがない場合は問題ありません

関連エントリー

島忠家具&ホームセンターTop >  関西しまちゅう >  島忠家具とシモンズベッド

Edit

Google