島忠家具&ホームセンターTop >  関東しまちゅう >  島忠ホームズ 葛西 店

ゴールデンバリューニューフィットエグゼクティブ

島忠ホームズ 葛西 店

島忠ホームズ葛西店とよく間違われるのが島忠家具センター葛西店。見分け方は1Fはホームセンター売場で通常の日常生活用品で、入口がガーデニングは家具店。葛西という場所柄なのか、建設用具、工具の売場は広い。(湾岸にあり道路、マンション工事現場が多い)買った人はマニフレックスのマットレスを包んでいるビニールをはさみで開封するとわずか15分で、工場で生産されたままの姿になるのだから、見ているとちょっとびっくりするよ。マニフレックスのベッドマットレスっていいですね。島忠ホームズ(HOME’S)へいってみればわかる。その品揃えからコーディネート、価格帯から品質までいままでの印象とはまったく違ったものとなる。ヨーロッパの一流ブランド家具から、ベッドマットレスは、シモンズベッドまですべてが一流の高級家具となっている。シモンズのダブルクッションマットレスのいいところを4つほどあげてみよう。シモンズベッドのダブルクッションマットレスはまず、体重圧力の分散がいい。強い加重でもボックススプリングに吸収されるので、マットレスが体にフィットし、背骨が真直ぐに伸びた状態を保つ。島忠家具センターはホームセンターとホームズという部門があるので、そこからの発展もあるとみられるのだが、今後が注目される。島忠家具ホームズ葛西が参考になるかもしれないので注目したい。「最高の快眠」を目標に研究とテクノロジーの開発には力を注いでいるシーリー社のベッドマットレスはすごいという。ではいったい何がそんなにすごいのだろうか。シーリーの「研究開発センター」はベッドマットレスの商品開発やデザイン、素材開発、検査、品質保証等を徹底的に行い、その技術開発力や設備はスリープシステム全てに関連する研究と検査に使用されている。島忠家具は“自分らしさの発見、明るく楽しく家具選び”をテーマにしている。引っ越しや入学など新しい生活シーンをコーディネートが島忠家具なら簡単にできる。ポケットコイルはどうしてもお尻や肩など重たい部分が沈んでいる。逆に足や腰の軽い部分はそれ程沈まない。つまりポケットコイルは体に無理ない自然な体勢で快適に寝られそうじゃないか?島忠家具カタログが2006年12月にアップしました。オンラインカタログなので、島忠家具サイトからソファー、ベッド、二段ベッドなどが見ることができます。電子カタログ版は、画像操作が簡単にできます。ベッドマットレスのへたりとは。ベッドマットレスにはどうしてもへたりが発生する。このへたりというのはコイルの上に敷いてある詰物が、体重の圧力が他部分部よりよけいにかかる胸やお尻の部分が、早く傷んでしまうことをいう。シモンズベッドは高級一流ホテルで採用されるほど。当然値段は高価格帯。しかし一泊3万円もする部屋と同じマットレス。島忠家具と島忠ホームズのベッド売場は、シモンズベッド好きにはたまらない。一流ホテル仕様のマットレス、いちど寝心地を試してみてください。シモンズのポケットコイルマットレスは、各ショールームや島忠家具にて展示されているらしいので、実際に寝心地を確かめたい方は行ってみておいでよ。そしてシモンズベッドを採用している主要ホテルは、ウェスティンホテル東京、グランドハイアット東京、京王プラザホテル、コンラッド東京などだ。シモンズベッドが好きな方は、島忠家具センターは一度行ってみることよいです。島忠オリジナルのシモンズベッドがあったりします。昔からの取引関係がありシモンズと共同開発したようです。スポンジのような構造なので、空気を含み汗をかいても吸湿性と放湿性がある。これらはマットレスを清潔に保つことにも役立っている。低反発フォームは、温度が低い時には硬くなってしまうが、マニフレックスのマットレスはいつでも同じ硬さで体を包んでくれる。

関連エントリー

島忠家具&ホームセンターTop >  関東しまちゅう >  島忠ホームズ 葛西 店

Edit

Google